お知らせ

2017 7.19


TBSラジオに出演しました

Facebookでお伝えしましたが、

本日TBSラジオの「たまむすび」に主人が電話で生出演しました。

たまむすびのホームページにもその時の様子がアップされていますので、

こちらをご覧ください

今日のたまむすびの「お仕事らぼらぼ」というコーナーがすいか農家についてのテーマだったのです。そこで、数日前に当農園に出演依頼があり、引き受けたのです。

パーソナリティーが博多大吉さんということもあり、私(妻)は博多華丸・大吉のファンなので、主人をプッシュしました。

 

なんと!当農園のお客様にもこの番組のリスナーがいらっしゃり、

放送後、こんなメールをいただきました。↓

「いつもはラジオ番組にメールなんてしない私が、たまむすび宛てに「長野県の土肥農園が最高です!!」とメールを作成したとたん、まさかのご本人様、ご主人様が登場!で大興奮してしまいました~!!」と・・・。メールはまだまだ続きがあるのですが、そこは割愛させていただきます。

 

こんな形でお客様と繋がれるとは、本当にうれしいです。

お客様もビックリしたでしょうが、このようなメールをいただき私達もうれしいです。

 

 

 

 

 

お知らせ

2017 7.16


2017年すいかの収穫が始まりました!

いよいよ「すいか」の収穫は始まりました!

今シーズンも色々と大変でしたが、やっとこの時期を迎えられました。

あとは早く梅雨明けして本格的な夏が来てくれれば・・・

と、言っても、もうすっかり夏ですね、毎日暑いのなんのって。

「さわやか信州」のキャッチフレーズは何処へいったかと思うくらい

毎日蒸し暑いです。

 

そんな中、私達は毎日「すいか」を食べて水分補給しています。

皆さまも「すいか」を食べて、暑い暑い夏を元気に過ごしていただけたらな~、

と思います。

 

今シーズンの収穫は9月上旬までの予定です。

このすいかはこれから「交配」という作業(雌花に雄花の花粉を受粉させる)を

行うので、なんと!まだ実にもなっていません。

収穫が始まった畑もあれば、これから実がなる畑もあるんですよ。

だから、私達も収穫のかたわら、他の作業も盛りだくさんで

今が1年のうちで究極に忙しい時期です。

頑張りまーす!!

 

お知らせ

2017 7.9


2017年 アルバイトさん決まりました

このブログやFacebookなどで、今年のアルバイトさんの募集をさせていただきましたが、

ようやく来て下さる方が見つかりました!

皆さまも当農園のブログやFacebookを見て呼びかけていただいたり、

拡散してくださって本当にありがとうございました。

毎年、皆さまのお声がけのご協力に感謝いたします。

 

さあ、収穫開始まであと少しです!

良いご縁に感謝して、今年も収穫頑張りますよ~!!

ニコニコ農家の奮闘記

2017 7.4


雨でも仕事、仕事

6月はほとんど雨が降らず、カラカラの空梅雨だったのに、

7月に入った途端に雨、雨、雨。

今日は7月には珍しく台風接近の影響で午後からは土砂降りです。

本当に極端な天気です。

ここ数日の雨の量で、いままでの雨不足を補い、最終的に平年並みの降水量でした、

なんて、気象庁などが言ったら、なんだかなぁと思ってしまいますよ。

 

こんな土砂降りでも、私達は合羽を着て畑仕事です。

晴耕雨読なんて、夢のような話です。

これは私達だけではなく、この時期波田のすいか農家の大半がこんな感じで

忙しく働いています。

 

今朝早くやったのが、「玉回し」という作業です。

一番最初に収穫する畑で、収穫前に最後の仕上げとなる仕事です。

すいかの向きを1個1個変えて、日陰になっている部分にも太陽が当たるようにします。

そうすることで、まんべんなく美味しくなるのです。

 

もう、収穫間近なので、かなり大きくなってるすいか。

私(妻)は結構大変です。でも、バカみたいな話ですが、

「よく育ったね~」「あなたは形がいいわね」「縞が綺麗で美人ちゃんね」

などとすいかを褒めながら玉回しをすると、あっという間に1列作業ができる気がします。

主人は力があるのでスイスイ進んで行きます。

そして、朝6:30くらいからすいかの花が咲き始めるので「交配」を行い、

それが終わると「つる引き」を夕方までやりました。

つる引きの最中は土砂降りだったので、写真を撮る気になれませんでした。

 

あ~、今日も良く働きました。

 

 

 

 

お知らせ

2017 6.28


2017すいかのご注文承り開始いたします。

ここ数日、松本は蒸し暑い日が続いております。

曇り空でも湿度が高いと仕事中に汗がダラダラ・・・。

こんな時は「すいかが食べたいなァ」

 

さあ、ようやく土肥農園の「どすいか」今シーズンの収穫日の目途が立ってきましたよ!

収穫・販売は7月15日頃からの予定です。

これはあくまでも予定です。

毎年書いておりますが、農作物は天候次第で予定がコロコロ変わります。

 

土肥農園では糖度が高く、絶妙なシャリ感の「完熟すいか」を収穫し、

毎年皆さまにお届けしております。

それには登熟日(すいかが完熟になる日)を積算温度で割り出して収穫しています。

そのため、登熟日は天候に左右されるので、若干予定が前後する場合があります。

あらかじめご了承願います。

 

お届けは収穫でき次第、ご注文順に順次発送させていただきます。

 

ご注文の際に発送の日付指定もできますが、天候により日付指定の

ご希望に添えないこともございますので予めご了承願います。

なお、予約受付期間中(本日~収穫が始まるまで)にご注文いただく場合で

配送日の指定がある場合は7月20日以降をご指定ください。

 

有機肥料だけを使い、農薬は最小限に留め、除草剤は一切使わず、

土を大事にし、私達が丹精込めて育てたすいか。

 

今年も皆さまからのご注文を心よりお待ちしております。

 

ご注文は、電話・FAX・Eメールはもちろん、

ホームページ内のショッピングカートでも承っております。

よろしくお願いいたします。

 

ショッピングカートはこちらです。

 

すいかは心地よく体を冷やし、水分補給が素早くできます。

熱中症予防にも最適です。私達も収穫が始まれば毎日食べています。

暑さに負けないように、皆様にも沢山すいかを食べていただきたいです。

 

そして、すいかを囲んで楽しい夏のひと時を過ごしていただけたら幸いです。

 

今年も「どすいか」をよろしくお願いいたします!!!

ご注文、お待ちしておりまーす!!

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2017 6.19


定植完了!2017

昨日、今シーズンの定植が完了いたしました。

4月6日から始まり、2ヶ月とちょっと。

13回に分けて約8000本超の苗を植え付けました。

昨日、最後の約500本の苗を植え終えました。

これで朝、苗の水やりから解放される私(妻)。

嬉しい反面、ガラーンとした育苗ハウスを見るとちょっと寂しいかな。

ここに緑いっぱいに苗があったのに。

今は畑が緑いっぱいになってますね。

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2017 6.16


収穫が始まるまであと一ヶ月くらいか・・・

あ~、忙しい毎日です。

朝が早いので、この時間はすでに眠い・・・。

眠い目をこすりながらパソコンの前でこの日記を投稿しています(笑)

 

一番最初の畑はあと1ヶ月ほどで収穫が始まる予定です。

その一方で一番最後に収穫をするところは明後日に苗を植える予定です。

この差って結構すごいと思うのです。

 

そして毎日、交配、つる引き、摘果などなど・・・

それぞれの生長に合わせて作業は違い、次から次へとこなさなければならない。

生長具合を見て、どの作業を優先すべきか常に考えなくてはなりません。

体力も頭も使うので、本当に毎日クタクタです。

でも、嬉しいことに、すでにお客様から注文のお電話やお手紙、メールが少しづつ入っています。

まだ、今シーズンのご案内のお葉書も出していないのに・・・。本当にありがたいです。

(ご案内のお葉書は例年どおり今月末には出す予定です、

それと同時にショッピングカートもオープンしますので、もうしばらくお待ちください。)

お客様の声はとても励みになります。

今日も炎天下の仕事で大変でしたが、お客様の声に応えられるよう、精一杯頑張りましたよ!

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2017 6.11


なんだか寒いです

6月に入ってっから4回も霜注意報が出ています。

明日の朝も長野県中部、南部に出ています。

6月だというのに・・・、

先日も続けて霜注意報が出た日は、霜こそ降りなかったものの、

寒さですいかのツル先が茶色くなってしまったところもありました。

もう伸びてくれないかと思いましたが、いまのところ伸びてきているので大丈夫だと思います。

 

今までこの時期にこれだけ霜注意報が出たことってあっただろうか・・・。

早朝の仕事時にはフリースの上着を着てその上ヤッケなどを着ています。

何回も言いますが、6月ですよ!

 

今後この寒さで、すいかに悪い影響が出ないことを祈るばかりです。

 

そして今日は12回目の定植をしました。

いよいよ定植もの残すところ後1回となりました。

 

ちなみに最初の畑では、もうすいかはバレーボールくらいの大きさになっていますよ!

 

 

 

お知らせ

2017 6.8


2017年すいか収穫アルバイトさんの募集を開始いたします

土肥農園園主の土肥寛幸です。

日頃から皆さまには様々な形で土肥農園をサポートしていただき、

本当に感謝しております。

今年もスイカの収穫アルバイトさんの募集を開始させていただきます。

 

土肥農園は夫婦二人で切り盛りしていますが、

収穫が始まると妻はお客様対応と事務作業に追われ、

またスイカの収穫は女性にとっては重量物を扱うため、重労働となり、

どうしても新たな男手が必要となります。

そこで今年も土肥農園のすいか収穫のお手伝いをして下さるアルバイトさんを募集させていただきます。

 

2014年、2015年、そして昨年2016年と皆さまのご協力のおかげで、

素晴らしい人材に恵まれました。

今年も同様に自薦他薦問わず素晴らし方との出会いを願っております。

 

対象期間・7月15日前後から9月5日前後(天候やスイカの登熟具合により決定します)

勤務時間・7月15日頃ら7月末頃まで  →午後3時位から午後7時~8時位まで

・7月末から9月収穫終了まで →午前5時位から午前9時位まで

(天候によって変更の場合あり、:その時に相談します)

勤務場所・松本市波田地区に5か所あるスイカ畑&土肥農園

お休み ・7月末頃まで→金曜日

・7月末頃から9月収穫終了まで→土曜日

・お盆期間数日

※お休みの正式日程は7月初旬にわかります。

仕事内容・すいかの収穫作業の補助

※1回の収穫にあたり300~400個のすいかを収穫します。

そのすいか運搬車に乗せ収穫用トラックに乗せ換えます。

その後自宅に戻り一部荷下ろしします。

時給  ・1時間につき1000円!

交通費 ・状況に合わせて支給させていただきます。

募集人数・男性 1人

資格  ・18歳(高校生可)~60歳代までの男性

・とにかく健康で丈夫な方。特に足腰。

・休まない方(体調不良による病欠も含む)

・真面目な方

・時間が守れる方

・軽トラ(マニュアル車)が運転できる方

特典     ・B級どすいか、お持ち帰り!

※労災あり、です。

 

募集要項は以上です。

 

今年は昨年働いていただいた男性お一人が今年も継続してくださるので

今年の募集人数は1名(短期希望者の場合は複数)で

週2,3回程度でお願いしたいと考えております。

回数については出来る限り対応させていただきますのでご相談ください。

また、全期間できなくても、最低2週間程度から受付させていただきます。

基本、極端な短期以外はご希望があればどんな形であれ検討させていただきます。

(最重要期間は7月の収穫開始時期から8月12日くらいまでです!)

 

仕事内容は難しくありません。

ただ、夏の暑い太陽の下での重労働になりますので、

とにかく丈夫で健康な方を望みます。

特に、足腰!

また絶対に来ていただきたいので、急なお休みが無く、時間が守れる真面目な方が希望です。

とにかく、まずは一度、お気軽にお問合せ下さい。

 

問い合わせ&申し込み

メール:info@dosuika.com(件名を必ず「アルバイト募集」でお願いします)

電話 :土肥農園 0263-92-2871

土肥携帯 080-5141-0134

(夜9時まで。農作業中電話に出れない時があるので留守電にメッセージをお願いします。

折り返しお電話差し上げます。)

 

ご連絡をいただき次第、簡単な面接、採用の是非を決めさせていただきます。

いろいろ書かせていただきましたが、実際のハードルは全然高くありません。

過去、3名の高校生や67歳の元職人さんもやり抜きました。

 

こちらも絶対に必要なので、可能であれば早めに決めさせていただきたいと思いますので、

ご希望があればぜひお早めに。

まずは何でもお気軽にご相談ください。

 

それではよろしくお願いいたします。

 

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2017 6.4


雹害、2017

5月31日、雹が降りました。

降った直後、インスタグラムには

降った時間が短かったし、雹の大きさも大豆よりちょっと大きいくらいで

なんの被害もありませんでしたと、投稿しました。

しかし、日が経つにつれ、やはり少しですが、雹の被害があることに気づきました。

 

すいかの葉には傷が付き、穴が開いてしまっているところがありました。

そして、ツル先が折れてしまっていたり、ツルが傷ついているところもありました。

 

そしてショックなのは、今交配中のすいかの雌花に傷がついてしまったこと。

 

畑全体の量からみれば、ほんのわずかな被害ですが、

農業を始めてから初めての雹害です。

怖さを実感しました。

 


© 2016 DOHINOUEN. All Rights Reserved.