ニコニコ農家の奮闘記

2021 3.13


2021年ボカシの仕込み始まる

美味しい「どすいか」を育てるためには「良い土づくり」が欠かせません。

当農園の良い土づくりに欠かせないものの1つに「ボカシ」があります。

毎年3月のこの時期、当農園の秘密基地(笑)でボカシの仕込み作業を行っています。

今年も数日前から始まりました。

この仕込んだボカシを晩秋にすいか畑に撒いて、緑肥と一緒にトラクターで耕運します。

あ、緑肥とかちょっと専門用語ですね、この辺のことは当農園のHPの

どすいかの理由その2に書いてありますので、是非読んでみてくださいね。

ここをクリック!

 

今回仕込みで使う米ぬかはこの量です。

米ぬかや糖蜜、蟹ガラなどを混ぜるのは先ほどの画像の機械ですが、

樽に詰め込みそれを運ぶのが大変のようです。

「鍛えたんだから運んでみる?」といわれて「よし!」と思ったのですが

少し進んでダウンしました。たぶん40㎏くらいあると思います。これはさすがに無理。

主人にはあと数日、腰を痛めないように頑張って欲しいです。

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 3.11


農閑期トレーニング終了!

突然ですが私(妻)は主人の進めでこの農閑期の間、筋力アップのため、

パーソナルトレーニングを受けておりました!

今日のブログはちょっと長い文章になりそうです(笑)

 

下諏訪のパーソナルジムBody Lab.

主人と私が大変お世話になった吉田トレーナーさんとやり遂げた感いっぱいでパチリ!

農家なので、仕事に役立つ筋肉、腰やひざを痛めないための体作りをしたいという気持ちを

理解していただきとても心強く感じトレーニングができました。

 

やっぱりプロのトレーナーさんは凄いです。

私の体力に合わせ全力で力を出し切るけど、ギリギリ無理をさせないように、

絶妙な感じでウエイトをかけたり下げたり、疲れてフォームが乱れてくると

分かりやすく指導しながらトレーニングしてくださるので、短時間でもかなりの効果がありました。

そして何よりケガなどに対する安心感があります。そしてそして励ましてくれるので頑張れました。

 

トレーニングは正直辛いですが、終わった後の爽快感がたまりません!

帰る時に階段を下りる足が産まれたての小鹿のようにプルプルと震えてしまうこともありましたが、

今は足の筋肉がだいぶ強くなったみたい。

 

しかも吉田さんは「しっかり良く食べる」ことにも徹底し食事チェックもしてくださいます。

私の体に合わせたアドバイスのお陰で余分な脂肪が取れてウエストや背中が

とてもスッキリしました。あれだけ食べたのに・・・。

私はダイエット目的ではなく、あくまでも農業に役立つ筋肉をつけたくて

通っていたのですが、これは思わぬ効果でめちゃめちゃ嬉しいです!

フィギュアスケートの宮原知子ちゃんの背中が大好きなのですが、

ちょっとあんな感じ。うそ、それは言い過ぎ、ド突かれそう、笑

食事のアドバイスでは、いままでのウチの食事が圧倒的にタンパク質が少なかったこともわかり、

反省そして改善実行中です。

 

主人は2年ほど前から、あるフィットネスジムで自主トレに加え、

そこに出張トレーナーとして来ていた吉田さんにパーソナルトレーニングを受けていました。

そのころから「農閑期にお前にも筋トレしてもらうことが俺の目標」と言い出したのです。

 

えっ!私?この年でジム・・・、筋トレ・・・。

更年期というイヤな言葉もチラチラする年齢です。

でも、私の心を動かしたのは主人の言葉でした。

「メジャーリーガーとかさ、スポーツ選手ってオフシーズンに筋トレするじゃん、

農家だってオフシーズンに体力維持のために筋トレしたっていいじゃん」

いつもぶっ飛んだことを言い出す主人ですが、この言葉に何故か納得してしまった私。

 

私達は基本夫婦二人で農作業をしています。

4月から9月まではアスリート並みに体を動かし、汗をかいて体力をものすごく使います。

でも農閑期に美味しいものを沢山食べたり、家の中でグダグダしていると、あっという間に

体がなまってしまい、また4月に畑に出る時には凄く体がキツいスタートになるということの繰り返しでした。

体の大きな主人に合わせてする作業は私にとって罰ゲーム並みに辛い時もあります。

なので、農閑期にも体力を維持し、農作業のための良い筋肉をつけよう!と思ったのです。

腰やひざなどを痛める前に良い筋肉をつけておけば予防になるじゃないですか?

 

このコロナ禍でジム?と思う方もいると思いますが、トレーナーさん以外の方とは接触もありませんので安心でした。

コロナ禍で出かけることも少なくなったからこそ自分磨きの時間もできたのだと思います。

下諏訪のまでは車で約50分ですが、私にはちょうどいいドライブです。

好きな音楽を聴きながらならあっという間という感じですし、途中に富士山が見えるところがあって

冬の青空に富士山が見えた日はラッキー!気分も上がります。諏訪湖も綺麗です。

良い息抜きでした。また次の農閑期にもトレーニング再開したいと思っています!

 

さあ、まもなく本格的な畑シーズンに突入します。

頭を切り替えて今シーズンも頑張りたいと思います。

そして、この機会を作ってくれた主人と、

的確なトレーニングをしてくださった吉田トレーナーさんに感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 3.10


ハードロックどすいかなんて・・・

今日は今シーズン3回目の接ぎ木をしました。

接ぎ木の時は体力仕事の畑作業と違いリラックスムードで仕事ができるので

私(妻)は接ぎ木の日はラッキー!くらいに思っています。

いつものように主人とスマホで動画を見ながらというか聞きながら、

でも手元は集中して今日もサクサクと接ぎ木をやっていたのです。

 

ところが私が「いい動画も続けて聞いていると疲れてくる」と言ったのが間違いでした。

「では・・・」と主人が選んだ動画はAC/DC。

うるさいわ~!!!

ジャツ、ジャジャジャン、ジャジャジャン!チャララチャラララ~と、

あ~始まった、あの有名過ぎるBack In Black。

別に私も全く嫌いではないけど、今では無い。

もう見たしたら主人はアンガスヤングに釘付けです。

(すみません、ハードロックとか興味が無い方は分からないと思います)

 

私はどんどん接ぎ木したいのに、「すいか」や「夕顔」の芽を切る主人の手が止まる。

仕事に集中してください!と怒りたくなるけど、

「やっぱ、スゲーな、スゲーな」と言っているのを見るとなんだか笑える、いい歳して。

モーツァルトの曲とかを農産物に聞かせて育てるという話を

聞いたことがありますが、AC/DCを聞かせて育てたらどうなるのだろうか?

と、ふと思う。

パワフルなすいかになるのか?!

ただでさえ、当農園の「どすいか」はパワフルなのに(笑)

やっぱり静かな環境の方がいいな。

 

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 3.3


綺麗に並べる理由

すいかの台木(夕顔)の種まきも今シーズン4回目となりました。

種を同じ向きにして均等に並べて土を被せます。

どうして?と思いませんか。

それは芽が出た時にみんな同じ方向を向いてくれるからです。

そして綺麗に芽が並んでいると均等に太陽に当たってくれるからです。

良く太陽の光を浴びると太くて丈夫な台木になります。

そうすると良い根が伸びて良い苗に育ちます。

そしてその良い苗は美味しい「どすいか」につながる!

そうです!もうここから美味しい「どすいか」作りは始まっているのですよ~。

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 3.1


2021年3月スタート

もう3月!という気分です。

いよいよ今月下旬からは「すいか畑」の準備も始まります。

そして今はもっぱら「すいかの育苗」に専念しています。

 

昨日は今シーズン第1回目の接ぎ木を行いました。

毎年ご説明しておりますが、すいかの苗というのは

台木の夕顔(冬瓜などでやる人もいます)とすいかの芽を接ぎ木して

育てていくのです。

人間でいうと足は夕顔で胴体から上がすいかとなるのです。こう説明すとちょっと怖い、笑

画像の上部の小さい双葉がすいかです。そして下の大きい双葉が夕顔です。

よく見てください。夕顔の茎の下には根っこがありません。

これはわざと切り落としています。そしてこれを土にさして

新しい根が張ってくるように管理し育てていきます。

昨日は夫婦2人で約1000本の接ぎ木をしました。約1年ぶりなので肩がコリコリです。

これは土に挿しているところです。この土の入ったポット(ビニールの鉢)は

先日のブログに投稿した私(妻)がせっせと洗ったものです。

 

一晩たって今朝の苗の様子です。

まるで集中治療室にでも入っているようですね。

決まった温度と湿度で10日ほど養生させると先ほどの夕顔の茎から

しっかりした新しい根が出て来て「すいかの芽」も育ってきます。

 

あーこれで本格的に育苗が始まりました。

この接ぎ木を今シーズンは12回行う予定です。当然その回数だけすいかや夕顔の種まきもしますし、

すいかの苗もその回数畑に植えていくのです。

 

この苗が育ち、すいかの実をつけるころ、今年の夏はどんな夏になるでしょうかね。

そんなことを思いつつ、今は目の前の仕事を頑張っています。

今年の夏も「どすいか」と一緒に過ごす楽しい夏になりますように!

 

 

 

 

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 2.23


育苗の合間に

すいかの種まきが始まったとはいえ、毎日やっているわけではないので

今のうちにできることをちょこちょことやっています。

毎年この時期にやっている薪割り。

主人は友人のリンゴ畑から伐採してきた古いリンゴの木を

せっせと割っています。自宅の暖房は薪ストーブなので

今のうちに割って乾かして、そして来年以降の燃料にするためです。

そして私は接ぎ木したすいかの苗を育てるポット(ビニール製の植木鉢)を

せっせと洗っています。

なんだか、お爺さんは山に芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に・・・みたいな感じ(笑)

 

私のやっているポット洗いですが、

これは毎年使い回りしのため使う前に昨年の土を

簡単に水洗いします。約10,000個弱ですかね、結構疲れます。

でも、今年はサクサク進んで昨日全部終わりました!今まで一番早く終わったかも。

ここ数日、春のような暖かさでハウスの中も30度超え。

冬ごもりの体をだんだん春モードに慣らしていかないといけません。

ニコニコ農家の奮闘記

2021 2.19


2021年すいかの種まき始まりました!

先日の台木(夕顔)の種まきに引き続き、

本日は今シーズン最初の「すいか」の種まきをしました!

やっと主役の登場です。

毎年思いますが、よくぞこんな小さな種からあんなに大きなすいかが育つものだと感心します。

今日は約1000粒の種をまきました。

このような育苗箱2つ分です。

これから5月中旬ころまでに1週間から10日くらい間を開けながら12回ほど種をまいていきます。

その間に台木の種まきもしますし、当然接ぎ木も行っていきます。

苗を畑に植えるタイミングに合わせて苗を育てていくのです。

今はまだ畑仕事が無いのでのんびりですが、3月末からは畑も始まるので

そうなると苗の管理、畑の作業とバタバタしてきます。

良い苗を育てることは美味しい「どすいか」を育てるために欠かせない仕事です。

今年も気を引き締めて頑張ります!

 

先日種まきした台木も順調に発芽し、今日は太陽をいっぱい浴びていました。

かわいい!

ニコニコ農家の奮闘記

2021 2.14


2021年種まきが始まりました

朝起きて、地震のニュースに驚きました。

昨夜は早く寝てしまったので、全く地震に気がつきませんでした。

10年前を思い出します。被害にあわれた地域の方々はさぞ怖かったことでしょう。

今後も十分注意してくださいませ。

 

さて、当農園では今日、今シーズンの種まきが始まりました。

「すいか」より一足早く、台木となる「ユウガオ」の種まきをしました。

毎年ご説明していますが、すいかの苗は接ぎ木をして育てます。

根っこの部分はユウガオで茎から上がすいかとなるようにそれぞれの芽を合体させるのです。

連作障害などを防ぐためです。

まだ、ボチボチと仕事をする程度なので繁忙期にくらべればのんびりとしていますが、

やっぱり種まきが始まると気が焦ってくるというか、

あー今年もがんばろ!!って思います。

 

今日は季節外れの暖かさ。夕方、山の向こうに日が沈むのを見ていたら

日も少しづつ長くなってきて春に近づいているんだなぁと思いました。

 

ニコニコ農家の奮闘記

2021 2.10


2021年育苗準備が始まる、その2

主人は今2月18日~19日に行われる信州ぷ組主催の「土壌診断合宿」の

準備で頭がいっぱいのようで、

育苗ハウスの準備がなかなか進んでいないように思う。

今年はオンラインで開催することとなったため、いつもと違う準備にアタフタしています。

もっと早く準備しておけばいいのにとツッコミどころ満載の主人。

でも、私(妻)がそこを突っ込めば、そんなことないと返されるので

ブログにボヤいてみた(笑)

まあ、でも毎年こんな感じなので種まきまでにはちゃんと終わらせてくれるでしょう。

今日は太陽が出ていたので育苗ハウスの中はポカポカでハワイ並みです。

しかし、一歩外にでれば風は冷たく真冬の寒さです。

この気温差で体を壊さないようにしないといけませんね。

ニコニコ農家の奮闘記

2021 2.5


2021年 育苗ハウスの準備始まる

今月中旬から始まる「すいかの育苗」

※すいかの育苗とは(台木の夕顔そしてすいかの種まきや接ぎ木、苗を育てること)

そのための準備が育苗ハウス内で始まりました。

 

接ぎ木した苗を並べる温床の床面を平らにする作業です。

水やりした水が均等になるように、昨年の状態を振り返りながら悪かったところを

平らにしていきます。低いところには水が溜まってしまい、

苗に過度に水を与えてしまい、逆に高いところは水の量が少なくすぐに乾いてしまうため、

均等に育てるためにはこの作業が大事になってきます。

苗の水やり担当は私(妻)なので、ここは厳しくチェックします(笑)

「ここが高い!」だの「ほら、こっちが低いでしょ」などと

私のぶつぶつ言うのに付き合って主人が頑張ってくています。

良い苗を育てれば、畑でも良く育ち蔓の伸び方も揃い、管理もしやすくなるし

良いすいかが出来ます。

今シーズンもしっかりした根を張った良い苗を育てたいと思います!

 


© 2016 DOHINOUEN. All Rights Reserved.