ニコニコ農家の奮闘記

2018 9.14


来年のすいか作りのために

また雨です。秋雨前線はなかなかしぶとく停滞しているみたいですね。

せっかく乾いたと思ったらまた降ってしまったので、

一番最後にすいかを収穫した畑の半分が、まだ片づけが終わりません(´;ω;`)

 

それでも、昨日は夕方ころまで雨が降らなかったので、

何枚かの畑に緑肥となるエン麦の種を撒き、トラクターで耕運ができました。

緑肥は来年の土づくりのために欠かせません。↓緑肥の種(エン麦)

すいかの収穫が終わったばかりですが、もう来年に向けての準備は始まっているんですよ。

 

今シーズンはトラクターの回転刃が届かない深層の耕盤を壊して

畑の土をより柔らかくするための装置を買いました。

トラクターに取り付けて使います。

「美味しいすいかを作るためだよ!」と主人に言われ、

経理担当の私(妻)の立場としては、泣く泣くとまでは言いませんが、渋々購入に踏み切りました(笑)

農業機械は高い・・・。仕方ない・・・。

 

それにしても、気になることが一つ。

くだらないことですが、今回蒔いた緑肥のエン麦の名前が凄い。

「スナイパー」だ。

なんでこんな怖い名前なのだろう・・・。

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2018 9.7


2018年すいかの収穫が終わって・・・

今シーズンの収穫が終わって早1週間が経とうとしております。

当然ですが、8月25日にご注文の受付を終了してからは

お客様からのメールやお電話がパタリと来なくなったのですが、

あれだけ大変だったのに、静かになると寂しいものです。

 

それでも「まだすいかありますか?」というお電話を時々いただきます。

今日も問い合わせがありました。ありがたいことですが、もうすいかはありません。

 

冷蔵庫に入っていた「すいか」も今日のお昼で食べ終わってしまいました。

う~っ、今年も「すいかロス」です(笑)

 

で、今は何をやっているかというと、もっぱら「すいか畑」の片づけ作業です。

すいかは作る(栽培)も大変ですが、畑の片づけも大変です。

この画像は「すいかのツル」をまとめて燃やしているところ。

土埃まみれになりながらの作業なので、家に帰ってくると鼻の穴が真っ黒になっています。

口、鼻をマスクや手ぬぐいで覆っていても、真っ黒です。

 

しかし、このとこと雨続きのため、なかなか作業がすすみません。

今日も降ったり止んだり。あっ、今また激しく降ってきました。

早くすいか畑を片付けてしまいたいものです。

ニコニコ農家の奮闘記

2018 6.21


夏至の夕暮れ

今日は夏至ですね。

雨も止み、午後は天気が良くなりました。日の長さが一段と感じられる気がしました。

ふと、山の方に目を向けると山から神々しい光が出ているのが見えました。

沈んだ太陽の光が雲に反射しているのでしょうかね。

お陰で太陽が山に隠れてからも、手元が暗くなるまで仕事がはかどりました。

Instagramにもこの写真投稿しましたが、ブログにも。

ニコニコ農家の奮闘記

2018 6.16


2018年すいかの定植終了

今日で今シーズンのすいかの定植が終わりました。

今日は約470本植えました。

ここの収穫が始るのは8月下旬になります。

これで全部の畑、160aに苗が植わりました。

やっと育苗ハウスでの水やりから解放されました(笑)

ニコニコ農家の奮闘記

2018 6.14


すいか大きくなってきましたよ!

毎日毎日どんどん伸びるすいかのツルと私達の作業は追いかけごっごのようで、

一か所終わったと思えばまた次の場所というように

仕事がなかなか追いつかなくて、目が回る忙しさです(笑)

 

今日は最初の畑のビニールトンネルを外しました。

ここのすいかはもちろん一番最初に収穫する畑です。

今すいかの大きさはバレーボールくらいかもう少し小さいくらいです。

このすいか一つ一つを台座に乗せる作業をしました。

私達はこの作業を「皿敷き」と呼んでいます。

画像のようにプラスチック製の台座の上にすいかを乗せます。

これはすいかの下まで太陽の光を当てるためです。

今回は約1600個のすいかにこの作業をしました。

主人と二人で暗くなるまでに終わらせないと!と必死。

今夜は背中がガチガチに痛くなってます(笑)

ニコニコ農家の奮闘記

2018 6.1


そろそろ梅雨入り?

6月になりましたね。

週末は天気が良さそうですが、来週あたりは梅雨入りしそうですね。

 

さて、そんな雨の時期でも毎日畑仕事は超超超忙しく、

毎日朝は3時45分起きです。新聞屋さんより早いです(笑)

主人はこの時間(20:30)もまだ畑にいます。

 

すいかのツルもグングンと伸びてくるので、

生長に合わせてそれぞれの作業をします。

座っていますが、100mこの格好で作業を進めていくのは

とても腰や背中に負担がかかり、辛い作業なんですよ。

それに適期に作業をしないといけないので必死です!

そして毎朝欠かさない作業が交配です。

先日も書きましたが、雌花に雄花の花粉をつける作業です。

すいかの花は雨に濡れると受粉できなくなってしまうので、

雨の日は細心の注意を払って作業します。

ビニールトンネルは花を雨で濡らさないためのものです。

これから雨の季節になり、作業しづらい日も多々ありますが、

美味しいすいかのため、頑張りますよ!

ニコニコ農家の奮闘記

2018 5.24


交配が始まりました(2018年)

今シーズンの交配が始まりましたよ!

交配とは、すいかの雌花に雄花の花粉を受粉する作業です。

一つ一つ花粉をつけていくので、大変な作業です。

でも、この作業をやらなければ、すいかが実らないので

とても大切な作業です。

今年も、大きくて、甘ーい、そしてシャリっとした

美味しいすいかになってくれることを願いつつ、

一つ一つ作業を進めています!!!

ニコニコ農家の奮闘記

2018 5.22


8月のお盆過ぎに収穫を迎える畑です

昨日、今シーズン9回目の定植をしました。

(定植とは、すいかの苗を畑に植えること)

今回は約500本。

ここからは8月お盆過ぎに収穫をするすいかになります。

あ~、そのころはどんな夏になっているだろう・・・。

最近、30℃くらいの暑さになったと思えば、

朝は霜が降りるほどの寒さになったり、

気温の変化が大きいので、夏の天候も気になってしまいます。

毎年思いますが、普通に暑い夏になって欲しいです。夏は夏らしく・・・。

 

 

ニコニコ農家の奮闘記

2018 5.14


今シーズン最後の接ぎ木

今シーズンの接ぎ木が終了しました。

3月初旬から始まり、1週間に1度くらいのペースで12回行ってきました。

接ぎ木は好きな仕事なので、もう来年までやらないと思うと

ちょっと寂しいです。

それに、すいかの芽や台木のユウガオの生長具合にもよりますが、

接ぎ木は出来るだけ雨の日に行うようにして

雨の中の畑仕事をさけるようにしていたのも、接ぎ木が好きな理由です。

あ~これからは雨でも畑に出ないといけない(泣)

 

今回接ぎ木した苗は6月中旬に畑に植え、8月下旬から収穫予定です。

元気に育っておくれ~!!

ニコニコ農家の奮闘記

2018 5.9


冷たい雨の中でも

いよいよ雨でも畑に出て仕事をしなくてはいけない時期になりました。

今日は寒かった、ホントに。

衣類に貼れる使い捨てカイロを2つ背中に着け、

フリースの上着を着てズボンも冬用の物をはいて、カッパを着ました。

靴下も冬用のものを重ねてはいていました。

 

冷たい雨に打たれながら作業していると泣けてくる。

と、いうのは少し大袈裟ですが、気持ちが凹んでくるのは確かです。

でも、そんな時はラジオをイヤホンで聞きながら作業します。

そうすると、気が紛れます。

晴れていてもラジオは聞いていますが、雨の時は特にありがたい存在です。

 

晴耕雨読のような農業ならどんなに楽かなぁ。

すいかの生長に合わせて、適期にしなくてはいけない作業をこなしていかなければ、

良いすいかはできません。

夏までは、雨でも頑張るぞ!


© 2016 DOHINOUEN. All Rights Reserved.